親知らず・過剰歯|加古川市、高砂市で歯科をお探しなら河合歯科医院

親知らず・過剰歯

  1. 患者様の声
  2. スマートフォンサイトはこちら

親知らず

1親知らずを治療

親知らずの治療は、なかなかの問題があります。正直ちゃんと治療がしにくいのです。
だって器具が届きにくく虫歯の取り残しや、印象(型)をとっても一番端なのでひずみやすく、被せの適合も甘くなり、再治療を余儀なくすることもあります。

2親知らずの痛みには段階があり

一回目は、何とか歯ブラシとかうがいで、数日で痛みや腫れが解消されます。
二回目になると、夜うずき始め、つばをごっくんすることが苦になったりしませんでしょうか?
三回目にもなると、痛みが耐えられなくなってしまい、歯医者に駆け込む。
・・・そして、抜歯を進められ、そのときは「早く抜いてくれ~~」と一瞬思いますよね!
でも薬でまたもやごまかしたとします。

四回目、痛みが襲ってきたときには、高熱が出て食事も取れなく会社を休み、迷惑をかけて自分の体にも迷惑をかけるわけです。その時には、抜くのは痛いし、抜くまでに2~3時間もかかるし、おまけに抜いた後も治りが悪く痛みがあり、後悔するわけです。「もっと早く・・・・」

3親知らずの抜歯について、周囲からの情報

ほとんどの情報は、あなたの素晴らしい友達や同僚からの冷やかしからかい、そして
「お前も味わえ、あの辛さ」的な「そういえば、友達の友達が親知らず抜いたときな、一週間ぐらい・・・」
から始まる言葉です。聞きたくない情報ですが、言いたくてしかたない情報です。
素晴らしいお友達です(笑)
これからも大切にして下さい。

さてさて、そういうことで、あなたは、親知らずの痛みが何回目のときにどうされます?

ほっておくとこわい過剰歯

過剰歯について

虫歯治療のためにレントゲン写真を撮った際に、過剰歯が発見されることが少なくありません。過剰歯は上あごの前歯の部分にあることが多く、放っておくと深い位置に過剰歯が移動し、抜歯することが困難になる可能性もあります。
また、永久歯が異常な位置から萌出したり、正中離開などをおこす可能性も十分に考えられます。